CALENDER
<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
At any time...
my schedule
2011/1/15 18:00〜
YellowGoldTour3011 (A)
(さいたまスーパーアリーナ)
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
KAT-TUNへの愛しさを垂れ流している稀流の日記。


<< いまの気持ち。 | main | 日々刻々と >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
めっせーじ動画。

みくしーでも書いたんですけど、なんとなく加筆修正。


昨日アップされたメッセージ動画を見て、いろいろ思うことはあるんだけど、一番は、やっぱり淋しいってことでした。「KAT-TUN」て書かれた動画の中には仁くんはいなくて、ひとりきりの枠になってて、言葉にならないくらい淋しかった。


どんな気持ちだったのかな、と思った。
仁くんは、どんな気持ちでソロになること決めたんだろう。
もしかして、こんな風に寂しかった?心細かった?怖かった?苦しかった?
この動画を撮影した時、仁くんはどんな気持ちだったのかな。
どんな気持ちで「ファンのみなさん」ってあたしたちに呼びかけてくれたのかな。

今、どんな気持ちでがんばってくれてるんだろう。




こういう形が、事務所の中で本人たちの中でいつ決まってたのかはわかんなくて、想像でしか言えないけど、この時、もう道は決まってたのかな、って思いました。1ヶ月も前の映像だけど。ちょっとはにかんで、「「KAT-TUNの」赤西仁です」って言う仁くんには、もう会えないんだね。
渡米の前は、ひとりずつ6人分で同じ枠の中に居たKAT-TUNが、同じ更新日なのに別々にアップされてるのを見て、仁くんはほんとにひとりになっちゃったんだなぁ、って思った。これから、ずっとひとりなんだなぁって思った。
ずっと6人一緒にいたのが、ひとりになっちゃったんだもん。そりゃあ見てると寂しいよ。やっぱり6人一緒がいいし、5人に「あかにしー」って呼びかけてほしいよ。まだしつこくこんなこと言っててごめんね。

なんか、心細くて、とにかく寂しかった。
もう5人に頼ることはできないんだな、って。
どんだけ仁くんを包んでくれる5人の優しさに安心してたか思い知った。
ひとりきりになった仁くんを見て、仁担のあたしが、どんだけ5人の担当のみんなに甘えて支えてもらってたかも思い知った。どんな時も、励ましてくれたり慰めてくれたり一緒に泣いてくれたり。これからは、ずっと同じ景色を見てきたKAT-TUN担の友達のみんなと、見る景色が少しずつ変わっていくんだなってことを実感して、ほんとに淋しかった。ほんっとにいっぱい助けてもらってた。何回ありがとうを言っても足りないよ。みんな大好き。
いや、なんかお別れみたいになっちゃったけど、改めて、これからもみんなと一緒に6人を応援できたらいいなと思ってます。もちろん、6人をがっつり応援する、って人も、仁くんのソロ活動はそっと見守るだけ、って人も、5人のことは遠くから見るだけ、って人もいると思います。あたし自身は、できるだけ6人をちゃんと見たいけど、目の前が仁くんでいっぱいになるかもしれないし(←)、まだ、よくわからない。けど、これからも、KTTUN担のみんなには、「みてみて!」って5色を自慢してほしい。あたしが見れてないところがあったら、5人がどんなにがんばってるか、聞かせてほしい。なんか、図々しくてごめんなさい。あたしは、赤い花を自慢できるように、いっぱい仁くんに愛を伝えていきたい。聞きたくない人は言ってね、自重しますから。(笑)
そうやってさ、別々の場所でも、一緒に進んで行けたらいいなって思います。
それで、いつか、ずーっと先になっても、有り得ないかもしれないけど、帰る家が全然違うところにあっても、それぞれおっきな花を持ってさ、「ひさしぶり」とか言いながら6人で笑ってくれる日が来たら・・・、・・・最高だよね。夢みたいかもしれないけど、そんな日がきたら、みんなで一緒に喜びたい。「また出会える日まで」そんな日が、くるといいな。


「KAT-TUNです!」っておっきな声で言うKAT-TUNの中に、仁くんが居ないのはやっぱり寂しくて、それはたぶんしばらく消えないし、もしかしたら、ずっと消えないものなのかもしれない。 「5人」と「ひとり」に別れた6人を見たとき、きっとまた泣くと思う。これから見るたびに泣くと思う。まだ直視できない。 いつ直視できるかもわかんない。
けど、下ばっか向いてる場合じゃないな、って思った。
6人が前向いてるんだもんね。
自分の「苦しい」ばっかり吐き出しててごめんね。

6人で決めた道なんだよね?
また笑える日がくるって、笑わせてくれるって、信じていいよね?


仁くんが日本に帰ってきてくれた時、ちゃんと前向いてられたらいいな。仁くんの夢を応援したい。胸張って「大好きー!」っていっっぱい愛を伝えたい。なんであんな人が好きなのかわかんないけど。(笑) けど、大好きなんだよね・・・。
いつか、5人のことをちゃんと見れる日がくるといいな。淋しいと思うことがあっても、「仁くんがいなきゃだめ」なんて思いたくない。しっかりと5人のKAT-TUNを応援できる日がくるといいな。そんでやっぱり、「ありがとう」と「ごめんね」と「大好き」をちゃんと伝えたい。


ソロの仁くんも好きだし、がんばる5人も好きだし、やっぱり6人の笑ってる顔が大好き。
9年間の宝物は手離さないし消さないし絶っっ対に忘れない。
それでいいよね?
やっぱりあたしは、亀ちゃんと仁くんとじゅんのとこきたんとたっちゃんとゆっちが大好きだよ。





| KAT-TUNなんやかんや | 17:32 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト





| - | 17:32 | - | - | |
コメント















phot
ABOUT
CONTACT
linkiss
OTHERS
SPONSORED