CALENDER
<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
At any time...
my schedule
2011/1/15 18:00〜
YellowGoldTour3011 (A)
(さいたまスーパーアリーナ)
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
KAT-TUNへの愛しさを垂れ流している稀流の日記。


<< Dear K.Kazuya. | main | どんな君でも 抱きしめるから >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
2/23 友&仁

仁くんと、5時間デートを楽しんできました。
幸せすぎて濃すぎる1日でした。
仁くんのソロコンに1部2部入るとこんなに疲れるものなのかと思いました。心身もろもろすごい消費する。仁くんにいっっっぱい持ってかれてハートがすりへったよ〜。もう残ってないよ〜。でも、それ以上に、ほんっっっっとに幸せだった。ハートなんていくらでもあげちゃう!(笑)


1部は仁担3人で「A」列(GC)参加、2部はお友達にとってもらった奇跡の8連番で入ってきました。8人のKAT-TUN担が集合すると、お祭りみたいでめっちゃ楽しかったです。みんなで写真をとったらまるで修学旅行。(笑) ほんっと楽しかったー!


公演も残りわずかでもうメディアでもいろいろ出てますが、ネタバレ見たくない方もいると思うので、こっからはたたみますね。今回も日付詐称ですいません。いつもライブの日とかは深夜に日付変わっちゃっても寝る前に感想書きたくてたまらなくなるんだけど、今回に関しては当日中は幸せすぎて何も考えられなかったです。なんか、恍惚としてた。(笑)
そんで翌日は筋肉痛がふくらはぎにきました。(撃沈) 腕は大丈夫だったんだけど・・・。劇場の絶妙な傾斜に加えて、足りない背を伸ばそうとしてわりと長い間背伸びしてたのが敗因ですね。(ちなみに背伸びしたところでたぶん日本女性の平均にも届かないんですけど) 普段から運動しないとダメですね。でもこの筋肉痛も仁くんと時間を共有した証だと思うと、痛みすら愛しい。(←)


では!つづきます!




2/23 友&仁


今回はじめて気付いたこともあるし、曲もだいぶ覚えてきたので、セットリストに合わせて感想書こうかな〜とか思ったんだけど、やっぱり無理。自分じゃセットリスト全然わかんないし。(笑)(←)
全曲が「幸せ」の一言につきる。全部の曲で仁くんが全力だし、全部の曲で仁くんが楽しそうなんだもん。こんなに幸せな日がくるなんて、仁くんに出逢った頃は夢にも思わなかった。


全部の時間が、宝物のようでした。
きらきらで、あったかくて、大切で、とても愛しい。
光と音、絶妙な演出がぜんぶ最高に仁くんらしくて、仁くんがこの世界を作り出してるんだなぁって思うと、すごく感動して。ダンサーさんやコーラスの方々、パフォーマンスの方々、みんなの真ん中に居るのが仁くんなんだなぁって思うと、なんだか言葉にならなくって。楽しそうな仁くんと、ステージの出演者のみなさんも、とても楽しそうで。何よりも、そんな空間で仁くんと一緒に居れることが、幸せすぎてたまらなかった。
この公演中、日本語を聞くことってほとんどなくて。歌はほとんど英語だし、MC短いし、最後の挨拶も短いし。(笑) 煽りも言葉じゃなくって、曲中の動きだったり、ちょっとしたジェスチャーだったりで。けど、それで充分すぎるほど充分なんですよね。仁くんの楽しそうな笑顔とか、歌声とかダンスとかで、痛いくらい「赤西仁」を感じることができる。仁くんの作る世界が、会場中に伝染してく。楽しくって、幸せでしょーがない、って気持ちになる。出演されてる方々も、いろんな国の方々で。ほんと人種差別なんてくだらないって思う。仁くんの作る「Love & Peace」はとてもあったかかった。
こんなすごいステージを作るところまで仁くんは来たんだなぁって思うけど、そうかと思ったらダンサーさんにちょっかい出されて嬉しそうに笑ってたり、自分からちょっかい出しに行って嬉しそうに笑ってたり、ちょっとした掛け合いでむきになってたり、ダンスシーンで楽しそうに大声出してたり、最後の「ありがとうございます」が照れ笑いでちゃんと言えなかったり。結局仁くんはどこまでも仁くんなんだよなぁ、って思いました。そして、わたしはそんな仁くんがどこまでも大好きなんだよなぁ、と、思いました。


最後に、仁くんがメンバー紹介をするとき、うしろの地球のセットに名前が映るんですよね。ダンサーさんたちだったり、コーラスの方々だったり、それぞれ。で、一番最後に仁くんの名前が「Jin」って映る時、なんて言ったらいいのか、圧巻されるほどに感動してしまって。大歓声の中、ステージでみんなの笑顔に囲まれて、真ん中ですごい楽しそうに仁くんが調子に乗ってて。その光景が、言葉にならないくらい嬉しかった。ほんとにほんとに、嬉しくて、幸せだった。


あと、やっぱりcareはずるい。(笑)
careをうたう仁くんを見ていると、声を聴いてると、言葉にならない気持ちになる。いろんな感情が溢れて、どーしたらいいかわからなくなる。ロスから帰ってきた仁くんに大阪で一緒に「おかえり」した知☆ちゃんがお隣の席にいて、その頃の気持ちとかがなんだかよくわかんないまま断片的に過ぎったりして、もう涙が止まらない。脳がついていかないまま涙だけが止まらないっていう。最後、「泣いた分の笑顔が待ってる」ってうたった仁くんが、微笑むんですよね。すごい優しい顔して、ちょっとだけ笑うの。ほかの曲じゃ見せないような顔、フードもサングラスもはずして見せるんだもん。悔しい。愛しすぎる。


あと、2部にはぴーちゃんがGC階の中央ブロックに来ていて、仁くんはちらちらちらちらぴーちゃんに熱い視線を送っているように見えました。かわいすぎるやろ!っていう笑顔がいっぱいで、かなりオイシイ思いをさせていただきました。じゅるり。ありがとうぴー様。最後にはける時の笑顔なんて極上中の極上で、あの笑顔をまともに受けてぴーちゃんはよく平気でいられるなぁって思いました。わたしだったら鼻血吹いて正気を失う自信がありますね!(←偉そうに言うことじゃない) 「ちゃお」も気合いが入りまくってて「ちやぁお」になってました。(笑)
で、ぴーちゃんと言えばEternal。(←表記合ってるのかな・・・) ふたりで作った曲をぴーちゃんのソロコンで披露したことは知ってたんだけど、実はこの曲がそれだって知らなくて、1部の休憩時間に知☆ちゃんに聞いてはじめて知ったのですが。なんか、すごく納得しました。最後、仁くんはこの曲をとても丁寧に大事そうに歌うし、オープニングのオルゴールの演出も、「友&仁」にとってすごく重要な1曲だなーって思ってたし、仁くんがすごく大切にしてる曲なんだなー、と、思ってて。それが、ぴーちゃんと作った曲だったなんて、もう一気に「なるほど!」って思いました。「友&仁」にぴったり。
そして、この曲、歌詞が本当に沁みる。あたしの中の仁くんへの気持ちそのまんまなんだもん。はじめて聴いたときから涙が止まらなかったけど、聴けば聴くほど沁みてくる。この曲を歌う仁くんは本っ当にすごく綺麗で、どうしようもないほど愛しさがこみ上げてくるのです。光の線の中で言葉を刻む仁くんの声を聴いていたら、ただ涙が溢れて、愛しさが溢れた。大好き、って思った。心から。
恋愛に限らず、友達とか家族とか、大切な人に重なる歌ですよね。愛っていろんな種類があると思うし。本当に、どの言葉もすごく沁みるんだけど、「いつかこの世界で生まれ変わっても、僕らはそれぞれ同じように出逢い、同じようにあなたを愛すでしょう」っていうところがすごく好き。なんか、本当に来世でも仁くんに会える気がしたの。(←規模がでかい(笑)) わたし、仁くんとプライベートで恋愛したいとは全っ然思わないんですね。(←・・・。) それがなんでなのかも、それなのになんでこんなに好きなのかもわからないけど。今、心の底から仁くんが大好きで、仁くんが「パートナー」って言ってくれる場所がすごく心地良くて、この形が理想の相思相愛で、極上の幸せだと思うのです。ほんとに、幸せすぎてしかたがない。だから、生まれ変わっても同じ形で仁くんを愛したい。絶対に見つけてみせる。


と、いうことで本当にただの感想でレポもへったくれもありませんが、えっと、すいません。(撃沈)
あ、そうそう、あと、1部のMCで飛び出した仁くんの亀ちゃんへの愛。(笑) たぶんいろんな方がブログなどで書かれてると思いますが(ので割愛して書きますが)、客席から言われた「亀ちゃんたんじょうびー」を「え?きこえない」でかわしたあと、MC本題をちょっとしゃべり出してからの途中で「あ、わかった、かめなし?」(客席悲鳴(笑))「おめでとうございます・・・」っていう流れがあって。客席が仁くんを煽った感が否めないんですが(笑)、べつにスルーしてもおかしくなかったんですよね。話を戻さずに、そのままコラボ曲の話に進んでも自然な流れだった。つまり、仁くん、亀ちゃんに「おめでとう」言いたかったんだよね?(゜∀゜)亀ちゃんのお誕生日に気付けたのが嬉しかったんだよね?(゜∀゜)「誕生日覚えられないんですよー」とか言ってたけど、亀ちゃんのお誕生日は認識してた上に本能的に覚えてたってことだよね?(゜∀゜)「おめでとうございます」の言い方がなんか照れてるっぽい上にちょー嬉しそうだったし。
もーーーーー!!!誰か仁亀の愛をどうにかして!!!(笑)
ほんとかわいかった。きっと仁くんの愛が亀ちゃんの胸にも届いていることでしょう。ふふふ。
MCも照れ照れしながらとても楽しそうな赤西くんでした。


仁くん、出演者のみなさん、おつかれさまでした。
残りの公演も怪我やトラブルなく無事にみんなが幸せでありますように。
大好きです。
ありがとうございました!!



| 舞台・ライブ! | 23:59 | comments(1) | - | |
スポンサーサイト





| - | 23:59 | - | - | |
コメント

23日はおつかれさまでした!!
そんでもって、超楽しかったね!幸せだったね!!
あの空間にいた全員が笑顔で、その中心が仁くんで・・・本当に幸せすぎる5時間だったよね。そんな世界を作り上げた仁くんてやっぱりすごい。で、あれだけの人に愛される仁くんて本当に幸せ者だよー。

稀流ちゃんの感想で、私が上手く伝えられないことをぜーんぶ言ってもらった気がするよ。読みながらずっと「そうだよね」「そうだよね」って思ってたもん。ありがとう。
careは本当に反則。あんなにふんわり微笑まれたらもうお手上げだよね。
てか、最後に地球儀に名前映し出されるの知らなかったんだけど!!仁くんしか見てなくて、後ろの地球儀見てなかったよ…(笑)

仁亀愛も仁P愛も感じれて本当に極上の5時間でした!仁くんも言ってたけど、またあんな時間を過ごせたらいいね★
| 知☆ | 2010/02/27 11:01 AM |















phot
ABOUT
CONTACT
linkiss
OTHERS
SPONSORED