CALENDER
<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
At any time...
my schedule
2011/1/15 18:00〜
YellowGoldTour3011 (A)
(さいたまスーパーアリーナ)
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
KAT-TUNへの愛しさを垂れ流している稀流の日記。


<< いよいよあした | main | 夢の中でも あなたに会いたい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
BANDAGE

すっっっっっっっっごくよかったです。


仁くんの初主演映画がこの映画で嬉しいし幸せだし、何より、すごく誇らしい。この映画の主演が赤西仁であることが、すごく誇らしい。

仁担の甘甘な盲目病かもしれません。でも、嘘は言ってないしお世辞なんかじゃないよ。


頭が痛くなるくらい泣きました。泣いた理由はいっぱいあるんだけど。
ナツっていう役は仁くんにしか出来なかったと思う。仁くんのための役だと思う。
本当にかっこよかった。


岩井俊二さんマジ天才って思いました。


つづきはネタバレ含む感想です。ストーリーとかズバズバ書いてますのでご注意を!あと、長いです。すいません。
盲目上等で誉めまくった感想になります。映画を観て不満とかあった方は見ても面白くないと思います。


あー。
あたし、やっぱり仁くんが大好き。世界中の人が仁くんの悪口言ってても、仁くんが大好き。



結論から言うと、一般的な観点から見てこの映画が「面白かった」か「面白くなかった」かは、正直わたしにはわからないです。観る前から、観終わった時はそう思うんだろうなーってのはわかってたけど。(笑)
ただ、原作の印象がどうしてもあったので、そこを比べると格段にスッキリしててすごく良いと思いました。「え〜?」って思ってたごたごたしたところを結構ざっくりカットしてくれたりしてたので、すごく見やすかったです。「あれなくしちゃうの?」って思ったところはひとつもなかった。そういう意味で、岩井俊二さんが本当にすごいと思いました。特に、ラスト。私が一番心配してたところ。(笑) 心配してただけに、ラストがいい意味で予想を裏切ってくれてすごくよかったから、胸がいっぱいになりました。嬉しくて、嬉しくて。最後に感じた嬉しさはたぶん、アサコの気持ちと同じだった。ほかでもない歌う場所、そこに居るナツが歌っているのを見た時、嬉しくて涙が止まらなかった。そのラストシーンから暗転してBANDAGEのイントロがはじまる、その流れが本当に神で。今度はエンドロールに乗せた曲に惹き込まれる。映画を観た後では、BANDAGEの歌詞がぐっと沁み込んでくるんです。観る前とは、全然違う。「ランズ」の「ナツ」がその詞を歌ってると思うと、また涙がどんどん出てくる。その技は小林さんにしか作れなかったと思う。正直、小林監督の映画の撮り方はいろいろ引っかかるところがあって好きじゃなかったんだけど(←・・・。)、そういう曲と映像の織り込み、世界観ていうか、細かいところは確かに天才だなーって思いました。こんなに曲とリンクしてる映画って今まで観たことがなかったのです。音楽って確かに映画にとって重要だけど、どっかBGM感ていうか、背景の一部って感覚だったんですよね。だから、映像と曲が、対等な立場にあるっていうか、BANDAGEはそんな映画で、斬新でした。映像が曲を引き立ててるっていうか、なんか、新しい感覚。そういう小林監督の独特な世界観は、やっぱりすごいと思いました。
そんで、仁くんなんですけど。(笑)
まず、今の長ったらしい髪に見慣れちゃったせいか、約1年前のビジュアルの良さにびっくりしました。ハイクオリティー!仁くんがかわいい!
仁くんがいろんなところで言ってた長回しのシーンは、思ってたより長くなかった。(笑) あまりにも必死に見てたから長く感じなかったのかもしれないけど。このシーンでナツから零れる心情を見てるのは、やっぱりすごく辛かった。てか、アルミに半端半端言われたあとくらいからかな?そのへんからずっと、ナツが弱ってくっていうか、ぼろぼろになってくのを見てるのはすごく辛かった。アサコのおうちに行くところも、なにかわずかな救いを求めるような、そんな感じがしてすごく切なかった。アルミにはさんざん言われたけど、ナツはナツなりにちゃんとLANDSが好きで音楽が好きだったと思うんですよね。贔屓目なのかもしれないけど。(笑) LANDSがバラバラになっちゃうのを止めたいけど、どうしたらいいかわかんなくて。バカだけど、すごく繊細な人なんじゃないかなーって思いました。
仁くんの演技が「上手」か「下手」かは、正直わたしにはわからないんです。たぶん、一般的に見れば「上手」とは言えないんですよね。もっと言えば、歌に関してもそうで、たぶん一般的に見れば「上手」ではないと思うのです。ただ、私は仁くんの演技も歌もすごく好き。だからそういう意味ではこの映画は仁担のために作ってくれたものだと言っても過言じゃないと思う。(笑)
けど、小林さんと岩井さんが仁くんを主演に選んでくれた。正直、最初この映画の話を聞いたとき(1年以上前ですけど)、あたしはハッキリ「仁くんにはまだ映画主演は早い」と思ったのです。これに関しては、その時の記事にさんざんぐちぐち書きましたが。(笑) けど、おふたりがどうして仁くんを主演に選んだのか、わかったような気がしました。最初にも書きましたが、ナツは仁くんにしかできない役だったと思うし、ナツって役は仁くんのためにあったんだって思います。今は、仁くんの主演が「早かった」とは思いません。ナツは、仁くんに来るべくして来た役だと思う。たぶん、BANDAGEが5年前の映画でも、5年後の映画だったとしても、同じことを思ったと思う。
ナツは、なんでもできて天才的に歌がちょー上手いボーカリストじゃなくて、バカで不器用で素直じゃなくて純粋ですごく歌が好きな人でした。なんか、すごく、発展途上な人。そーいうナツの未熟っぽいところっていうか、バカで憎めない感じが、すごく仁くんの演技とマッチしてた。上手く言えないんだけど、仁くんも、高杉ナツって役を体当たりで一生懸命模索して演じてるっていう感じじゃなくて(仁くんは昔からそんな感じじゃないけど(笑))、ただ感じるままに自分の思うナツを演じてるっていう感じ、そーいう仁くんの演技の仕方は、ナツを演るのにすごく合ってたんじゃないかって思うのです。歌も同じ。完璧じゃなくて、でもなんかすごく可能性を感じさせる感じ。仁くんは、自分とナツは全然似てないって言ってたけど、やっぱり、どこか似てるような気がしました。「上手い」かどうかはわからなかった、けど、「すごい」とは思いました。もしかしたら、そーいうのを才能っていうのかなぁ。
なんか、だんだん何が言いたいのかわかんなくなってきました。(撃沈)


高杉ナツはちゃんとそこに居ました。
すごく、魅力的な人だった。
スクリーンで、仁くんが演じるその姿を見たとき、泣きそうになりました。本当に主演なんだな、って。
またラストシーンの話になりますが、その時改めて、ナツは歌うことが好きなんだ、ってちゃんとわかったような気がしたんですよね。ナツにはたぶん才能があった。もう「好き」っていうのはそれだけで才能の一部だと思うんですけどね。「何年経っても変われないものがある」って曲の歌詞にもあるフレーズは、ラストシーンのナツに本当にぴったりだと思いました。アサコはたぶん、最後までずっとナツに恋愛感情っていうか、そういうのはなかったんじゃないかなーって思うんですよね。劇中の台詞にもあったけど、自分に似てて、惹かれたとは思うんですけど、恋愛とはちょっと違った愛情だったんじゃないかなって思います。恋愛じゃないにしても、ナツに抱いてた想いは深かったと思う。だから、ナツが歌ってるのを見たとき、すごく嬉しかったんだと思います。アサコの中のLANDSの存在はきっとすごく大切なもので。ミハルを恩人だって言って笑うアサコも、すごく魅力的な女の子だったと思います。
あのふたりがあそこでちゃんと再会したとしても、恋人同士になることはないんじゃないかな。そうなったとしてそこまで映画で描かれても、なんか安っぽいし。うしろの席で見てた若い女の子(たぶん中学生くらい)が「そこで終わり?ちゃんと会ってまた付き合うとかさー」ってお友達に話してましたが、若いな・・・、って思いました。(笑)
仁くんがWebで書いてたけど、確かにアルバムを聞いてから観たほうがより映画を楽しめる感じでした。それに、映画を観た後の方がアルバムもより楽しめます。観た後に聴くと、観る前にただ流して聴いてた時には気付かなかったことに気付いたり。漠然と疑問に思ってたことが一気に理解できたり。やっぱり歌詞に対する感情移入が、深くなります。アルバム買ったときから、「元気」がなんで2種類あんのかなーって気になってたんですよね。で、なんとなくスカのアレンジじゃないほうが好きだった。スカもかわいくて好きなんですけど。なんかほんの少し違和感があって、でもその正体がわからなかったんです。その理由が映画観てわかりました。小林さん、ほんとすごい、って思いました。


やっぱり私は、仁くんの演技が好きです。仁くんの歌が好きです。
すごーくすごーく、かっこよかった。
この映画に出会えてよかった。仁くんが主演でよかった。主演が仁くんでよかった。観終わった後、そう想えたことがとても嬉しかった。世間にもらうのが大絶賛でも大酷評でも、私が感じた幸せは変わりません。
仁くんのことをまた大好きになりました。
この映画で仁くんが吸収したものは、きっとすごく大きくて貴重なものだったと思います。仁くんの中で、それがきらきらに輝いてるといいなーと思います。
改めて、おつかれさまでした。
ありがとう。


まとまりのない感想ですいません。タハー。(←反省しろ)
たぶん何回も観るのでまた感想言い足りなかったらその時書くかもしれません。(笑)
パンフレットもちゃんと読まなきゃー。


あと、忘れちゃいけないヤマナデの感想も後日書きます。(汗)


ではでは、みなさん。
ナツに心を奪われた方も、これから奪われる予定の方も、良い夢を!



| BANDAGE | 23:52 | comments(1) | - | |
スポンサーサイト





| - | 23:52 | - | - | |
コメント

稀流ちゃん!
あたしは稀流ちゃんの感想に感動したよ!!
なんかね、あたしはうまくいえないんだけど、稀流ちゃんの文章を読んですっきりした感じがする。すごいわかるーって思ったの。

なんだろな、すごい不思議な映画だったよね、でも確かにナツがいてナツは仁くんで、仁くんがナツでよかったなぁてすごく感じた。歌うことが好きなナツが最後までいてくれてよかったなってあたしも思ったよ。

仁くんのことを好きな人のための映画だよね、ほんと。
見れてよかった!!仁くんやっぱり大好き!!

なんかめちゃくちゃなコメントでごめんねー;
おじゃましました。
| しずく | 2010/01/18 11:17 PM |















phot
ABOUT
CONTACT
linkiss
OTHERS
SPONSORED