CALENDER
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
At any time...
my schedule
2011/1/15 18:00〜
YellowGoldTour3011 (A)
(さいたまスーパーアリーナ)
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
KAT-TUNへの愛しさを垂れ流している稀流の日記。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
輝かしい瞬間

おおお遅くなったけど、亀ちゃんベストジーニストおめでとーー!!
ついに殿堂入り☆めでたいですねぇ!
かめのベルトを嬉しそうに見せる亀梨クオリティーが愛しいです。
これからもすてきなジーニストでいてください。うふふ。

あと、オリスタ見ました。うふ。
壮行会の様子をしっかり載せてくださっててもう本当に嬉しい!オリスタはデビュー前からずーっとどんな時も愛を持った記事を私達に届けてくれてて、もう頭の下がる思いです。何度でもお礼を言いたい。ありがとうございます!
トークの途中で、ソファに座ってる仁くんが爆笑した拍子に足を上げて体育座りみたいな体勢になった一瞬があったんですよね。それがもーーーーちょーーーーかわいくて、知☆ちゃんと一緒に萌えて萌えて!その一瞬を逃さず激写して記事に載せてくれてるオリスタ様に大感謝です。ありがたやありがたや。
たっちゃんのリラクマ着ぐるみも見れて嬉しいー!
本当にありがとうございますオリスタ様。


あと、UTBの仁くんのインタビューの和訳を見て、すごく元気になりました。仁くんがファンに持っててくれる気持ちが嬉しくて嬉しくて、やっぱり仁担でいてよかったって思うし、仁くんのことを大好きな気持ちが誇りに思えます。もうわたしなんも怖くない!(←) 本当に本当に嬉しい。誰がなんと言おうと、わたしにとっては仁くんの言葉がすべて。ときどきわかんなくなったり戸惑ったりもするけど・・・いつもいつも、ちゃんと安心をくれるんだよね。どんな報道があったって、世界中がどんなに彼を罵ろうと、彼が私達に愛をくれるならそれだけが本当だって言える。その愛を信じられる。彼が私達を信じてくれるなら、私も彼を信じる。本当に嬉しいな。こんなにめーーいっぱいの力をもらってるんだもん、ちょっとでも自分の応援が仁くんの元気を手伝うことができてるなら、それってファンの本望だよね。たくさんたくさん笑っててほしいな。
だいすきだいすき。いままでもこれからも。


あああ、やばいやばい!絶賛盲目期間のようです!
愛が溢れちゃって大変。
あーきもちわる!(笑)





| ろくーんなんやかんや | 00:49 | comments(0) | - | |
また出会える日まで

嬉しい嬉しい嬉しい!
やっぱりわたしは一生ろくーん担で6人のことが大好きで、なんかもどかしいような素直じゃないようなでも実はふかーい愛で溢れた6人の関係が大好きです。よかったよかったよかった。本当によかった!

ここにも何度も書いたけど、仁くんがKAT-TUNを抜けるって決まった時から、わたしがずっと欲しかったのは6人の声だった。気持ちを聴きたかった。仁くんがひとりで走り出すことを、5人がどんなふうに考えてるのか、ずっと知りたかったしずっと不安だった。
それがないと、ちゃんと前に歩きだすことできないって思ってた。
で、もう絶対に5人の気持ちを知る機会はないんだろうな、って思ってた。
だからもう時間に頼るしかないな、って。

けどさ、壮行会にゆっちが来てくれて、そのこと中ぺに書いてくれて、じゅんのがマニュアルで「赤西くん」て書いてくれて。本当に本当に嬉しかったし、すごくすごく安心した。頭の中の何かがすっきりして、やっと、ちゃんと前に進めるような気がした。
じゅんのの「応援してる」って言葉が、何よりも本当に嬉しかった。
ありがとう。
やっとやっと、5人のKAT-TUNのことも正面から応援できそうです。

これでいちお、6人みんなの気持ちを聴けたことになるかな?
こきたんのマニュアルは抽象的だったけど、なんかこきたんに関してはね、うん、あれで充分すぎるほどだったと個人的には思ってます。欲を言えば、かめちゃん?(笑) かめちゃんのコメントをもうちょっと聴ける機会があれば嬉しいな。我儘言ってごめんね。だってさ、かめちゃん、どんだけ仁くんがかめちゃんのこと好きだか知ってるでしょ?(笑)


やっと、5人と1人の道を真っ直ぐ見ることができそうです。
完全に淋しくないとは言えないよ。けど、もう大丈夫。
KAT-TUNと赤西仁を応援する覚悟と心の準備ができました。
同時に、やっぱりわたしはろくんが好きだな、って思いました。戻ってほしいとかそういうんじゃなくて、冒頭にも書いたけど、彼らの関係性っていうか、目に見えない絆が愛しい。それは道がバラバラになっても変わらないもので、それを実感してますます愛しくなりました。安心しました。あたしがKAT-TUNを「KAT-TUN」として認識した夏のあの日から、彼らは結局もなんも変わってない。
彼らが変わってないなら、あたしもなんも変わんなくていいんだよね。やっぱろくんが好きだよ。この先歩く道が別れても、今までの幸せはやっぱりあったかいままだし忘れないし、何もなくなったりなんかしない。


今だから言えるけど、マスコミが騒ぎたてる時期を過ぎてからの発言(?)でよかったなって思いました。ありがとう。じゅんのはいつもここぞって時に仁担を救ってくれるんだよなぁーーー。ほんとにほんとにありがとう。
壮行会の時も思ったけど、仁くんは本当にたくさんの人に愛されてるんですよね。仁くんが選んで進もうとしてる道を、応援してくれて協力してくれる人がいっぱいいっぱいいる。嬉しいな。みんなみんな、ありがとう。悔しいけど、じゃにーさんにもありがと。

いつか完全にちゃんと笑えるようになった頃に、また6人でリアフェとか歌ってほしいな。「こんな時もあったね」って笑いながら。いつになってもいいから。それぞれの道でおっきなおっきな力を手に入れて、それを自慢しあってほしいな。そんな6人を見れる日がくるといいな。




じゅんののマニュアル見てからすぐ書きたかったんだけどなんだかディズニー行ったりしててなかなかゆっくりブログ書けずに、ちょっと時間差になっちゃいました。たっちゃんのバースデイエントリも書かなくてはなのです。日付詐称もお馴染みです。(←)


やっぱりやっぱり、わたしの中のろくーんは永遠。
だいすきだよ、かめちゃんじんくんじゅんのこきたんたっちゃんゆっち。





| ろくーんなんやかんや | 23:47 | comments(0) | - | |
仁雄ふぉーえばー

昨日の壮行会に、ゆっちがきたってね!(;Д;)えーーーん
妄想としては、今年のかつんカレンダー9/8みたいな雰囲気だと思っとけばいいんですかね?

もう、なんか、わけからん・・・。
仁くんは3日のMCでもKAT-TUNのことに一切触れずだったし、5人はライブとかであからさまに仁くんのことに触れないようにしてきたから、もう絶対に一緒にいるところは見れないんだと思ってた。それどころか、お互いの名前を呼ぶ声さえ聞けないんだと思ってた。まさかまさかの仁雄。愛しすぎるわ。

どんなお話したのかな?
中ぺで読めるかな?
嬉しいなぁ。愛しいなぁ。
ありがとう、ありがとう、ゆっち。


こんな絡みがときどき見れるんなら、そんなに真剣に悩んで苦しむことなかったのかな?(笑) ろくんはやっぱりろくんで。全く別々の先を見なきゃいけないと思ってたけど、結局6人の根本はなにも変わってなくて。「がんばれよ!」「うん、おまえもな!」って、直接言葉で聞けなくても、そういう気持ちだって、思ってもいい?
違う道進むことになったって、やっぱりろくーんなんだね。なんかすごく、安心しました。嬉しいな。
これからもたまにこんな場面が見れるのかな。KAT-TUNコンに仁くんが行って、亀ちゃんに「じぃん!」て呼ばれたり?(笑) それは高望みしすぎ?

愛しいなぁ。
やっぱり彼らが好き。


なんだか前向けそう。
今までの6人の曲もちゃんと聴けそう。
映像も見れそう。
まあまだ泣くとは思うけど。「6人で歌ってたね」って笑える日が、いつかくるような気がするよ。
本当にありがとう、ゆっち。





| ろくーんなんやかんや | 20:26 | comments(1) | - | |
代々木に舞い降りた天使

どもどもども!稀流です!

そんなわけで行ってきましたマウピ(@代々木)!
ゆるい感想文は相変わらずの日付詐称であっぷしました。さーせん。(←)
いや〜しかしかわいかったたっちゃん(*´∀`*)すきすき


あとあと、携帯からのエントリにも書いたんですが、壮行会が、当たったんですよ。実は今回、どーしても行きたい!絶対行きたい!死に物狂いで行きたい!っていうテンションではなくて、ただ静かにどきどきしてたっていうか。なんかそのほうが本気っぽくて気持ち悪いけどネ☆(←)
ろくんのことに関して、まだ上手に気持ちの整理ができてないからかな。
けどやっぱり、今だからこそ、顔を見たい声を聴きたい会いたい逢いたいあいたい、っていう気持ちは強くて、「当選」ってメールの文字見たときはリアルに泣いたよね。(´`) そん時、やっぱり自分はすごくすごく仁くんに会いたかったんだなぁって気がつきました。やっぱり好きなんだなぁ、どーしようもないなぁ、って。結局こんなに嬉しいんだもんなぁ(*´`)=3 正直言って、ちゃんとうつむかないで上手にお祝いできるかはわかんないのです。それでも伝えたい想いがいっぱいいっぱいある。少しでもたくさんの大好きが伝わって、ほんの少しでいいからそれが仁くんの力になればいいなぁって思います。
忘れてなんかいないしこれからも忘れないよ。そんな人がたくさんいるんだよ、仁くん。

と、いうことで最近は壮行会のことばかり考えています。
たのしみたのしみ仁くんに会えるのはもちろん嬉しいけど知☆ちゃんに久々に会えるのがとってもたのしみ!
ぎりぎりすぎてチケット無事に届くか心配だよー(´Д`)




つづきは、暗いです。(・・・。)




続きを読む >>


| ろくーんなんやかんや | 21:00 | comments(0) | - | |
足跡が分かれた日

9月ですね。
なんと8月は気付いたらエントリ2つという、もはやそんな更新頻度で日記と言えるのか怪しくなってまいりましたが、これからも宜しくお願いします。稀流です。(・・・。)
いっそのことAKB48応援ブログに方向転換した方が更新できるような気がするよ。AKBのこと考えてる時の方が楽しいし・・・。いや、しないけどね。(笑)

えっと、公式サイトの表示が変わりましたね。
わかってたことだけど、マニュアルの中から仁くんの名前が消えてしまったことはやっぱり寂しい。悲しい。しんどい。もともと更新日に更新するような人じゃなかったけどさ(←)、それでも、亀ちゃんの下、じゅんのの上は、そういう仁くんの居場所だったんだよね。過去形が、またひとつ増えたね。
それでも、バイオグラフィーとディスコグラフィーの中に今までのKAT-TUNとしての仁くんがちゃんと残っててよかったと思いました。なんか、あの事務所のことだし・・・これからゼロからはじめます!とでも言い出しそうだからさ・・・。怖いよね、いろいろと。ウェブのコンテンツ内の配色も同じ赤だし、それだけでも、なんかどっか繋がっててくれてる気がして、嬉しかったです。


ウェブの中に、「KAT-TUN」と別のところに「赤西仁」の表示があるのを見て、「あー動き出すんだなー」って思ったけど、どうしても、前向きにとらえることができなくて。正直に一番はじめ思ったのは、「なんか違うなー・・・」でした。だめだね、わたし。


この下は、もう前向きに走りだしてる人には失礼だし気分良くないと思うので、しまいます・・・。(´・ω・`)



続きを読む >>


| ろくーんなんやかんや | 18:40 | comments(0) | - | |
Thank U Natsu

たっちゃんライブ中に怪我しちゃったそうですね。
大丈夫かな(´・ω・`)
広島公演も予定通りやるそうですが、無理はしないでほしいですね。


そういや、亀ちゃんが台宙失敗しておしり腫らしてたのってどんくらい前だっけ?って考えたら、もう7年とか前のことなんですよね。こわっ・・・!時の流れこわっ・・・!あんとき(Taiヘンコンのとき)は、6人の意向で記者会見が横アリの外で行われたりして。仁くんが亀ちゃんの横でうれしそーに笑ってたなぁ・・・。・・・。(←暗い)
なーんか最近、昔のことばかり考えてしまいます。暗くてすいません。
HDDをね、編集しようかなーと思って、放置してたいろいろを遡って見てたら、少クラの不滅コンレポとか出てきてね。れすきゅーとか、どんちゅーの仁亀並びとか、見てたら、すごく辛かった。6人の姿が、もう過去のものになってしまったのかと思うと、すごく寂しかった。「次」がないのかと思うと、すごく苦しかった。
やっぱりまだ今は過去のライブ映像もまともに見れない。


今後(来年?)の5人のいろいろも発表されたようですが、どこか他人事っていうか、そりゃそうなんだけど、「大変だなぁー」って感じです。ろくんとしての活動を発表された時のような、自分自身が「大変だ!\(゜□゜)/」ってなったり、わくわくしたり興奮したりっていうのがなくて、それがまた、寂しかったです。5人に関しては、今後気合い入れてどこまでもついてくってことはないかなーと思います。海外も行かないし、コンビナートにもついてかないし(笑)、国内のツアーも遠征はしないと思う。関東の会場もわかんない、けどたぶん行かない、てか、行けない。
しつこく言うけど、5人のKAT-TUNがいやなわけじゃないよ。嫌いなわけじゃないよ。ちゃんと大好きなんだよ。ほんとは正面から応援したい。
けど、どうしても怖いの。寂しいの。もう「KAT-TUN」ていうあったかいおうちに仁くんの帰る場所はない、それを目の当たりにできない。
ごめんね。


正直今はまだ、ソロの仁くんを追っかける気にもなれないんですよね・・・。
ただ単純ないつもの病気かもしれないけど(←)、なんで仁くんのことを好きなのか、わかんない。ほんとに好きなのかどうかもわかんない。
実際、仁くんはほんとに今まで5人にいっぱい迷惑かけてきたと思うし、思い返せば態度悪いって言われても仕方のない時がいくつでも思い浮かぶし、ひげだし(←)、髪長いし(←)、煙草吸うし(←)、何が好きなのか、ほんとにわかんないよ。
周りの声に左右されるわけじゃないけど、今回のことで、自分がどんだけ甘かったか、ほんとに思い知った。仁くんの存在がKAT-TUNにとってKAT-TUNファンにとって、良くも悪くもそんなに大きいものだったなんて、全然知れてなかった。知りたくないってどっかで思ってたのかもしれないけど。正直、ショックだった。わかる人だけわかってればいいよね、っていうのも本心だけど、やっぱり少しでも多くの人にわかってもらいたい、って考えてしまう。突然居場所を失くした気がした。悲しかったし、寂しかった。わたしほんとに甘かったね。
正直今は、KAT-TUNファンの方にもそうじゃない茶化してるだけの一般の人にも、仁くんのことや5人のかつんのことに触れられるとかなりこたえます。なんて、なんて弱いんだろ。

私の中の彼らを応援する原動力って、いろいろあるけどその中でも「友達」の存在ってかなり大きいものなんですよね。KAT-TUNを応援してて出逢えた大切な友達がたくさんいて、みんなのことがほんとに大好きで、大好きなみんなと一緒に彼らを応援するのは、本当に楽しい。だから、それをやめるのが寂しい。ほんとに、本末転倒だよね。もしかしたらあたしはとっくに仁担を卒業してたんじゃないかとも思う。
けど、ウェブの動画を見たときに、なんだかひどく頼もしくて弱々しい仁くんの声を聴いたとき、顔を見たとき、今がまさに仁担の踏ん張りどころで仁担がしっかりしなきゃいけない時なんだ、って思ったの。仁くんに対してそんなこと想ったのたぶんはじめてだったんだけど、ほんの少しでも力になるなら、「支えてあげたい」って思った。ファンとして声援送ってそれが少しでも仁くんの心をあったかくするなら、大声張り上げたいって思った。それは心の底から本当。

なんだか結局、なにがなんだかわからなくなってきちゃった・・・。(←)
とにかくアメリカは遠い。はやくかえってきて仁くん。
いろんな方のブログ見てきて、中にはスッパリ「もう応援しない」って決めてる方もいて、強いなぁって思いました。
さて、わたしは、いつまでうだうだ言ってるんでしょう・・・。(笑)(←笑えない)





| ろくーんなんやかんや | 17:05 | comments(0) | - | |
ろくん

こんちわ!(←)
お久しぶりすぎて書き出し方とか忘れそうな勢いですけど、どーも稀流です。
えっと、いまだにうだうだしててなんかうまく答えを見つけられないままなので、ろくんのことはあんまり考えないようにしています。(←) 考えると泣くし、暗くなるから、今はぼーっと仁くんが日本に帰ってきてくれるのを待っています。遠いよ。アメリカは遠いよ仁くん。

こきたんのマニュアルは読みました。韓国のサプライズの話も聞きました。メール伝言板で仁くんの情報は引き続きYou&Jでって読みました。タッキー兄さんの公演に仁くんが来た話も聞きました。あ、あと、たちゃんソロコン代々木2日間とれました。

気持ちとしては、6人それぞれに対する想いはなんにも変わってません。仁くんが大好きだし、かめちゃんじゅんのこきたんたちゃんゆっちが大好き。だから、たっちゃんのソロコンに関しての戸惑いはなんもないです。それは他のメンバーも同じ。これからも、だれかのソロ公演があったらやっぱり行きたいと思うんだと思う。
けど、今はまだ5人のKAT-TUNコンを見る勇気はないかな・・・。気力も体力もない。
わたしにとって「KAT-TUN」は、「大好き」が6つ集まる最強の場所だったんですよね。その中でもやっぱり仁くんへの「大好き」が一番大きい。だから、それが変わってしまうのは、どーしても寂しいし悲しい。KAT-TUNの中にぶつけてた仁くんへの「大好き」のやり場がなくなってしまうことは、わたしにとってはあまりにも大きくて、ただそんな事実を受け止められずにいます。

6人からの次のアクションがはやく欲しい。
それまでは深く考えないようにします。
実は、プライベートの話なんですが(←?)ちょーどここ一ヶ月くらいの間で、職場の中でいろいろとあってなんかもうほんとに忙しいというかめんどくさくて大変だったので、ていうか今も大変なので、ろくんから目を逸らすにはいい機会です。ファンブログのくせに最低なこと書いててすいませんww(←)
正直、9年以上6人を全力で応援してきて、いろーんなことがあったけど、今のこの状況で率直に思ってることは「もう疲れた」です。本気でそう思う。今までもそう思ったことはあったけど、踏ん張って立ち上がってきたのは、追いかけてた背中が6人分だったから。走って追いかけた先で、もう6人並んだ姿を見ることができないのかと思うと、どーしても全力で走る元気が湧いてこない。


もっと、ちゃんと、前向きに考えたいのに。
応援したいのに、歯車がうまく回りださない。
ごめんね、ごめんね。ごめんね。
こんなんですいません。


あー、明るいエントリ書きたい!!


つづきはコメントレスです☆



続きを読む >>


| ろくーんなんやかんや | 17:22 | comments(0) | - | |



| 1/1P |



phot
ABOUT
CONTACT
linkiss
OTHERS
SPONSORED